Isotope Science Center
The University of Tokyo

東京大学アイソトープ総合センター

トピックス

2020年6月25日

「東京大学アイソトープ総合センターと広野町との医薬品開発に関わる連携・協力に関する協定」締結のお知らせ

2011年の東日本大震災ならびに東京電力福島第一原子力発電所事故以来、東京大学アイソトープ総合センターは、福島県浜通り地域の復興を支援してきました。2018年度からは、学術研究活動支援事業(大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業)にも採択され、教育研究活動を通じて、組織的かつ持続的に浜通り地域の復興を支援してきました。

また、東京大学アイソトープ総合センターでは、放射線等を活用した医薬品開発のための基礎研究を独自に推進してきております。学術研究活動支援事業(大学等の「復興知」を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業)等を通じて、研究成果を社会還元することにも積極的に取り組んできました。

上記活動の成果をもとに、2020年6月25日、福島県双葉郡広野町(遠藤智町長)と弊所(鍵裕之センター長)との間で標記協定を締結致しました。

協定書には、α線放出核種を使った新しい核医学治療薬や、新型コロナウイルスを始めとする感染症に対する放射性診断薬等の開発を推進すること及び専門家を派遣し前臨床研究やシミュレーション研究等を行うことが盛り込まれています。

本協定を基盤に、私どもはこれまで以上に福島県双葉地域の復興支援ならびにイノベーション・コースト構想を推進して参ります。

メディア掲載情報: