東京大学アイソトープ総合センター Isotope Science Center,The University of Tokyo

助教 垰 和之

助教  垰 和之

放射線取扱主任者

出身地:広島

専門分野 ⟩⟩
放射線生物学
研究内容 ⟩⟩

酸化ストレス応答機構

電離放射線の照射により、細胞内にはヒドロキシルラジカルなどの活性酸素が発生します。放射線の生物作用は、これらの活性酸素が生体物質を損傷することにより起こると考えられています。生物は活性酸素に対する適応・防御の機構をもっており、放射線照射等の酸化ストレスに対して適応する仕組みをもっています。わたしたちは、この適応の仕組み、特に、酸化ストレスを感知するメカニズムについて調べています。


研究論文 ⟩⟩
  1. Tao K, Narita S, Tokuda H. 2012. Defective lipoprotein sorting induces lolA expression through the Rcs stress response phosphorelay system. J Bacteriol 194:3643-3650
  2. Tao K, Watanabe S, Narita S, Tokuda H. 2010. A Periplasmic LolA derivative with a lethal disulfide bond activates the Cpx stress response system. J Bacteriol. 192:5657-5662.
  3. Tao K. 1999. In vivo oxidation-reduction kinetics of OxyR, the transcriptional activator for an oxidative stress-inducible regulon in Escherichia coli. FEBS Let 457:90-92.
  4. Tao K. 1997. oxyR-dependent induction of Escherichia coli grx gene expression by peroxide stress. J Bacteriol 179:5967-5970.
  5. Tao K, Fujita N, Ishihama A. 1993. Involvement of the RNA polymerase alfa subunit C-terminal region in cooperative interaction and transcriptional activation with OxyR protein. Mol Microbiol 7:859-864.
  •